So-net無料ブログ作成

図入りウェキペディア [zaurus]

某掲示板を見ていたら、ウェキペディアの図入りバージョンに関する書き込みがありました。

この図入りウェキペディアはzipファイルで5G近いです。
なので、Fatでは扱えないサイズ。
ちょうど、オイラのSDはext2でフォーマットされています。
これは好都合ってことで、導入してみることにしました。

ダウンロードしたファイルをプロンプトで結合。(久しぶりにDOSのcopyコマンドを使いました。)
出来たzipファイルは5G弱。
解凍しようと思ったらエラーが出ます。
そーいえば、zipは4Gまでしか対応していなかったはず・・・。

調べてみると、64bit拡張zipってのがあってコイツは無制限らしいです。
で、この64bit拡張zipに対応したアーカイバーが必要なんですが・・・。
いろいろ試した結果、WinZipで解凍できました。
ebzファイルのサイズも5G弱。
で、無事解凍できた図入りウェキペディアをext2フォーマットしたSDにコピーします。

後は、Masatoshi Itoさんが公開されているzten改の2GB超え対応版(2/8に更新されてました)を使えばOK。
Masatoshi Itoさんありがとうございます。

そーすると、この通り!
リーマン予想のザータ関数もちゃんと表示されます。
scrn001.png
scrn003.png

図入りって言うので容量の少ない図だけかと思っていましたが、けっこー写真も入っています。
scrn006.png
scrn008.png
これだけ図や写真が入って5GB弱ってのはお得なんじゃないかと思います。
検索するのが楽しくなります。
あとは、表がサポートされると完璧です。

最近ザウルスがどんどん便利になっていきます。
ソフト開発されている方や、データを公開されている方、また、情報を提供してくださる方、みなさんに感謝です。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0