So-net無料ブログ作成

2009シーガルズ メンバー発表 [アメフト]

さて、国内アメフト2009シーズンが始まり、春のパールボウルが近づいてきました。

シーガルズではバールボウルの出場予定メンバーが発表されています。

新人も発表されており、今年は移籍が多いですね。
旧オンワードからは7名、アサヒ飲料、ロックブル、ファニーズから各1名、新加入は8名ってとこです。
去年は立命館からかなり入ったんですが、今年は1名だけですね。

逆に引退や移籍した選手もかなり多いです。
OL池ノ上選手(DLのイメージが強いですが)やOL宮本選手、競輪に転向した里見選手、DL庄子選手などなど・・。
玉ノ井選手もコーチになったんですね。
う~ん、ベテラン選手がかなり引退しています。

また、今年はQBが二人だけです。
去年活躍した木下選手、そして龍村選手だけです。
藤澤選手は日本ユニシスに移籍したようです。
村上選手や矢野川選手も移籍ですかね。
もう一人くらい居たほうがいいような・・・。

で、旧オンワードからの移籍組みですが、注目はRB杉原選手でしょうかね。
オンワード時代にも活躍していた選手です。
RBは古谷選手、白木選手、古川選手など・・・、ってよくみるとRBで9名も登録されてる・・・。

まーとにかく、かなりメンバーが変わったって感じです。
う~ん、今年はどんなチームになるんでしょうか?

初戦の5/5と5/17は両方とも用事が入っていて残念ながら観にいけません。
リーク戦を勝ち抜いて5/30の川崎に見に行きたいと思っています。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

クリップ形スタイラスの改良 [zaurus]

まだC860を使っているころから、クリップを改造(パテで盛っただけですが)したスタイラスを使っていました。
最近色がハゲてきたり、先っちょが丸くなってきたりしたので、ちょっと変えてみました。

今まで使ってたのがコレです。
クリップ+スタイラス1.jpg
クリップ+スタイラス.jpg

とりあえず、盛ってあったパテを剥がします。
丸ヤスリで溝を作って、そこに先を尖らせた丸棒を埋め込みます。
IMG_3076.JPG

そして、また色を塗って完成。
IMG_3081.JPG

こんなふーに使います。
IMG_3083.JPG

コレけっこー使いやすいので、ほとんどペンを出して使うことはありません。
ボールペン型のスタイラスも作ってますが、ほとんどこのクリップ形のスタイラスで十分です。

もちろんクリップとして落下防止にも使えます。


Xリーグの再編 [アメフト]

以前から話があったXリーグの試合方式の再編が行われるようです。
シーガールズのメルマガで2試合増えるって話は聞いていましたが、どのように増えるのかはわかりませんでした。

ニュースでは
○ 第一ステージはEast,Central,Westの各6チームでリーグ戦
○ 各地区の上位3チーム、計9チームが第二ステージに進出
○ 第二ステージは3ブロック、各3チームでリーグ戦
○ 各ブロック1位と2位の最上位(ワイルドカード)の計4チームが決勝トーナメントに進出
○ 計4チームでトーナメント戦
ってことのようです。

で、今シーズンの第一ステージは
EAST
オービック, アサヒビール, オール三菱, オール東京ガス, 富士ゼロックス, 日本ユニシス

CENTRAL
鹿島, 富士通, IBM, パイレーツ, ハリケーンズ, ブルザイズ

WEST
アサヒ飲料, パナソニック電工, エレコム神戸, 内外電機, アサヒプリテック, アズワン

この中で第二ステージに上がってくるとすると・・
EAST
オービック, アサヒビール, オール三菱

CENTRAL
鹿島, 富士通, IBM

WEST
アサヒ飲料, パナソニック電工, 内外電機

ってとこでしょうか。

第二ステージのブロック分けってのがどーやって決めるのかわかりませんが、おそらく第一ステージの順位を基準に振り分けるんでしょう。

でもEastとCentral間での試合はイイですが、Westと他の地区の対戦が増えるとちょっと何度も見に行けませんね。

地区のまま第二ステージをやっても意味なさそうですし、どーなるんでしょうかね?
第二ステージで何処と当たるかってのが重要になりそうです。
ワイルドカードってのもどーやって決めるんですかね?

まー、とりあえず来月から始まるパールボウルで各チームの状態が見れるので楽しみです。

ちなみに、元オークスの相模原ライズは所詮119対0で勝ったそうです。
さすがにX3のチームと対戦したらこーなりますよね。


qgmapの座標リスト [zaurus]

乗換案内との連携が出来るようになって、qgmapの使い勝手がとてもよくなりました。
国内の駅については乗換案内を使うことで好きなところにジャンプできますが、駅以外の場所もなんとかならないかと欲が出てくるわけです。

qgmapには位置を登録できる機能があります。
これを使うと0~9までの十箇所登録ができます。
この機能は自宅などよく使う場所を登録するのにはいいですが、例えばいろいろな都市などを登録するなどには登録場所が少なく向いていません。

理想としては、モバイルマップNavの登録機能のようなものがあれば便利なのですが、それに代わるものをちょっと考えて見ました。

使うのは、ザウルスに標準で入っている「HancomMobileSheet」です。
これに、世界や日本の都市、仕事の出張先などいろいろ登録しておいて、クリップボード経由して使おうと考えました。

まず、これには座標のリストが要ります。
ちょっとしか調べていませんが、
↓ココにリストがあったのでちょっと拝借しました。
http://www.xn--4-eeuvba0c6t4dd.jp/
http://www.kigaku.net/uranai/country_list.html

そのままでは緯度経度別々なので、エクセルを使ってqgmapの型にします。

単に緯度経度をまとめるだけならこんな式。(C行に緯度、D行に経度の場合)
=C5&","&D5

二個目リストの場合N12.34とかE123.45で記載されているので、こんな式でN,S,E,Wを±に変換します。
=IF(MID(C5,1,1)="N",MID(C5,2,7),-1*MID(C5,2,7))
=IF(MID(D5,1,1)="E",MID(D5,2,7),-1*MID(D5,2,7))


それをザウルスのHancomMobileSheetで表示。
リストからジャンプしたい場所の座標にカーソルを合わせて「ctrl+c」。
scrn003.png

さらにqgmapで「ctrl+v」を押せはその場所にジャンプします。
scrn004.png

これ、思ったよりも便利です。

ホストPCからエクセルを使ってリストに座標を追加するのも簡単ですし、ザウルス側でも簡単に追加が出来ます。
qgmapで登録したい場所に移動して「ctrl+c」を押せばその座標がクリップボードへコピーされます。
それをHancomMobileSheetで登録するだけです。

ただし、注意しないといけないことが一つあります。
どこかにジャンプしたあと、別の場所にジャンプする際に間違えてHancomMobileSheet上で「ctrl+v」を押してしまうこと。
これやると座標が消えちゃいます。
気を付けましょう。

これで、当分qgmapで遊べそうです。


小型USBホストアダプタの作成 再製作 [zaurus]

以前作った、ザウルス専用小型USBホストアダプタですが、A側の接触が悪く、モノによってはうまく認識してくれませんでした。

原因は、コレです。
IMG_3094.JPG

ケーブルをバラした後、いろいろと検討しながら組んだり、バラしたりしていたので電極部が変形してしまいました。
後で気がついて、調整したのでしが改善されませんでした。

ってことで、再製作を行いました。
ついでに、製作手順も簡単に書いておきます。

1.コネクタの加工
AとミニBのコネクタをケーブルなどをバラして入手します。
オイラはジャンクのケーブルからミニBのコネクタを取り出し、Aは100均の延長ケーブルから取り出しました。
IMG_3097.JPG
IMG_3098.JPG

ミニBのコネクタは不要な金属部分を切り取ります。
このとき、全部とってしまうのではなく一部は残しておきます。
残した部分を↓このように曲げておきます。
IMG_3099.JPG
IMG_3100.JPG
このミミを使って固定することでしっかり固定できます。

2.A,ミニBの固定
続いて、二つのコネクタを固定するベースを0.5tのプラパンで作成します。
IMG_3101.JPG

このベースにコネクタを瞬間接着剤で固定します。
IMG_3102.JPG
IMG_3103.JPG

3.配線
この状態で配線を行います。
↓配線図(前の使いまわし)
USBホスト配線.gif

配線後。
IMG_3104.JPG
IMG_3105.JPG
IMG_3106.JPG
配線が終わったら、テスターで確認後、ザウルスに挿して動作確認をします。

ちゃんと動いたら絶縁と固定のためにエポキシ系の接着剤で配線部分を固めます。
IMG_3108.JPG
IMG_3109.JPG

4.カバー取り付け
周りにプラパンを張っていきます。

ミニB側はベースのプラパン(0.5t)をすでに張ってありますが、その上からさらに0.5tのプラパンを張ります。
これは、A側のコネクタの板バネ部分の逃げを確保するために板バネ部分を避けているためです。
ミニBと反対側も板バネ部分を避けて0.5tのプラパンを張り、その上に全体を隠すようにカバーを取り付けます。
側面は1tのプラパンをそのまま張ります。(写真撮り忘れました・・・)

で、パテでラインを消します。
IMG_3112.JPG
IMG_3113.JPG
IMG_3114.JPG
IMG_3115.JPG

4.ストラップ用金具取り付け
続いて、クリップを使ってストラップ取り付け用の金具を取り付けます。
取り付けたい位置に穴を開けて瞬間接着剤でつけるだけです。
IMG_3116.JPG
IMG_3117.JPG


5.色塗り
最後に色を塗って完成!
前回は黒で塗ったのですが、だんだん剥げてきてちょっとかっこ悪かったので、今回はシルバーにしてみました。
IMG_3118.JPG
IMG_3119.JPG
IMG_3121.JPG
IMG_3120.JPG

あ、書き忘れましたが、今回はちゃんと持っているすべてのUSBメモリーで動作しました。